無添加の基礎化粧品は効果があるのか?

無添加の基礎化粧品は効果ある?肌もダメージが少ない化粧品とは?

無添加成分によって適する基礎化粧品を選択する

基礎化粧品を選ぶ時には、肌タイプに合う無添加化粧品を選択するといいでしょう。

ナチュラル化粧品や、オーガニック化粧品が、消費者に好まれているようです。安全で体に優しい無添加基礎化粧品を選ぶ消費者が年々増加しています。消費者の求める背景要因として、大手化粧品メーカーが基礎化粧品を回収した事件があります。このときの白斑事件被害者は多数になり、相談件数はその何倍にも上ることから潜在被害者数は何万人にもなるのではないかと言われています。ロドテノールという成分によって、お肌に白斑ができてしまうというもので、治癒が難しいことが問題になりました。白斑のリスクがある成分は、ロドテノールだけではありません。

ハイドロキノンや、ハイドロキノンモノベンジルエーテルも、白斑の出る可能性があります。

幸い、使用量を間違えなければ白斑ができる可能性は低いので、規制されずに美白成分として基礎化粧品に使われて続けています。成分無添加を大々的に謳っている商品であっても、全てが無添加基礎化粧品というわけではないのです。指定された成分が含まれていない化粧品を無添加といいますが、どこまでを無添加というかの線引きはとても微妙です。添加物として有名である界面活性剤、殺菌剤、防腐剤、タール系色素等はもちろんないに越したことはありませんが、他にアレルギーを起こす可能性のある成分は個人差があります。日々肌につけ続けるものですから、納得のいく基礎化粧品選びをしたいものです。繊細な肌にじかにつける基礎化粧品を選ぶ時は、添加物の有無や肌への作用などをじっくり検討してください。

無添加の基礎化粧品を購入する時には

最近は、無添加であることを重視して基礎化粧品を選択しているという人は少なくありません。多くの人が、無添加という言葉からは、肌にかかる負担が少なく、肌トラブルが起きにくい化粧品と感じるようです。ただし、無添加という言葉はっきりとした定義は存在しません。無添加化粧品と書かれていても、厳密にはそうでないこともあります。無添加の基礎化粧品として販売されてはいるけれど、保存料は使われていて、香料や着色料は含有されていないこともあります。無添加と書かれている基礎化粧品の中には、着色料や香料は入ってなくても、界面活性剤は入っていて、肌によくない場合もあります。無添加の基礎化粧品と記載されている商品でも、パラペンという成分が使われていて、アレルギーの原因になってしまうことがあります。界面活性剤や、着色料、香料が入っていないことについては、無添加の基礎化粧品だと主張する商品もあります。

納得のいく基礎化粧品選びをするためにも、無添加と書かれていること以外にも、自分の目で成分表を確認して購入するようにするといいでしょう。

また、オーガニックという言葉が人気を集めていることもあり、無添加オーガニックの基礎化粧品もよく売れていますが、必ずしもオーガニック成分だけの化粧品とは限りません。

オーガニック成分100%という書かれ方がしていなければ、ちょっとでもオーガニック成分が入っていればOKと言えるからです。保存性を高めるための成分が入っていないことから、無添加化粧品は使用期限が短かったり、冷蔵庫保管をしなければいけないこともあります。どういった成分が含まれていて、無添加と名乗っているのかを理解した上で、無添加化粧品を選択することが重要になります。

無添加基礎化粧品に配合されている成分について

無添加であると販売されている基礎化粧品であっても、選び方を間違えると化学成分がたくさん含んでいる商品を選んでしまう恐れもあります。

一般的に、基礎化粧品を選ぶ時には無添加と記載されてさえいれば、肌への負担が少なく済むという印象があります

無添加と書かれている基礎化粧品なら、どれでも肌に優しいだろうから、その中から考えればいいという判断は誤りです。基礎化粧品とは、お肌の健康状態を向上させるために利用するスキンケア用品です。店頭に並んでいる基礎化粧品の中には、無添加という書かれ方はしているものの、どういう意味の無添加かがわからないものがあります。注意していただきたいのは、無添加という言葉は、以前表示を義務付けられていた化粧品表示指定成分が添加されていないということです。化粧品表示指定成分とは、アレルギーを引き起こす可能性がある成分のことを指しています

かなり昔につくられた制度なので、化粧品表示指定成分には、最近になって合成可能になった成分が含まれてはいません。近年に開発された成分で、化粧品表示指定成分ではないけれど、添加物と同じように使われている成分もあります。

そのような新しい成分が配合されている基礎化粧品でも、化粧品表示指定成分が使われていないから無添加と書かれていたりもします。基礎化粧品の材料として使われている成分に目を通し、無添加の意味を確認した上で、スキンケアに使うといいでしょう。

どの化粧品メーカーも安全性に気をつけて製品作りとしていると思いますが、配合されている成分を良く調べてから、基礎化粧品を選ぶことをおすすめします。


ホーム RSS購読 サイトマップ